ホーム > 研究の概要 > 研究実績

研究実績

Ⅰ.著書

  • 加藤則人. 「アトピー性皮膚炎」、「自家感作性皮膚炎」. 宮地良樹監修. 今日の臨床サポート. 東京:エルゼビア・ジャパン, 2014.(http://clinicalsup.jp/jpoc/)
  • 加藤則人. アトピー性皮膚炎. 門脇 孝、小室一成、宮地良樹監修. 診療ガイドラインUp-To-Date 2014-2015. 東京:メディカルレビュー社, 606-611, 2014.
  • 加藤則人. 湿疹皮膚炎群 アドヒアランス不良アトピー性皮膚炎(AD)治療の決め手:標準治療を遵守しないAD患者の解決法は? 宮地良樹編. 苦手な外来皮膚疾患100の解決法〜そのとき達人はどのように苦手皮膚疾患を克服したか?〜. 東京:メディカルレビュー社, 38-39, 2014.
  • 加藤則人. 湿疹皮膚炎群 アトピックドライスキン治療の決め手:アトピックドライスキンの解決法は?  宮地良樹編. 苦手な外来皮膚疾患100の解決法〜そのとき達人はどのように苦手皮膚疾患を克服したか?〜. 東京:メディカルレビュー社, 40-41, 2014.
  • 加藤則人、浅井 純. 整形外科医が知っておくべき皮膚科疾患. 久保俊一編. 整形外科医が知っておくべき境界領域のポイント. 東京;診断と治療社, 1-26, 2014.
  • 加藤則人. アトピー性皮膚炎の原因は何でしょうか. 加藤則人編. エキスパートが答える!アトピー性皮膚炎Q&A55. 東京:診断と治療社, 5-7, 2014.
  • 加藤則人. ステロイドはどのような皮疹にいつまで塗るようにすればよいか教えてください. 加藤則人編. エキスパートが答える!アトピー性皮膚炎Q&A55. 東京:診断と治療社, 27-29, 2014.
  • 加藤則人. 成人アトピー性皮膚炎のステロイド外用薬のランクはどのような基準で決めるのですか.  加藤則人編. エキスパートが答える!アトピー性皮膚炎Q&A55. 東京:診断と治療社, 30-31, 2014.
  • 加藤則人. タクロリムス軟膏を始めるときの患者への説明のポイントを教えて下さい.  加藤則人編. エキスパートが答える!アトピー性皮膚炎Q&A55. 東京:診断と治療社, 35-36, 2014.
  • 竹中秀也. 代謝異常症 47眼瞼黄色腫治療の決め手.  宮地良樹編. 苦手な外来皮膚疾患100の解決法〜そのとき達人はどのように苦手皮膚疾患を克服したか?〜. 東京:メディカルレビュー社, 130-131, 2014.
  • 竹中秀也. 汚染がひどい創はどうするの? 宮地良樹編. まるわかり創傷治療のキホン. 東京:南山堂, 46-49, 2014.

Ⅱ.総説

  • 加藤則人. 皮膚疾患のQOL評価. 特集:初歩から学べる皮膚科検査の実際. MB Derma(増)216;219-224, 2014.
  • 加藤則人. アトピー性皮膚炎の生活指導に生かしたい最近の知見. 日小児皮会誌33;19-22, 2014.
  • 加藤則人. 診療に生かしたいアトピー性皮膚炎の最近の話題. 日臨皮医会誌31;494-496, 2014.
  • 加藤則人. 小児アトピー性皮膚炎の治療アドヒアランスを高めるために. 日皮アレルギー・接触皮膚炎学会誌8(3);143-146, 2014.
  • 加藤則人. アトピー性皮膚炎のプロアクティブ療法. アレルギーの臨床34;21-25, 2014.
  • 加藤則人. 思春期〜青年期のアトピー性皮膚炎(1)「アトピー性皮膚炎とは」. 少年写真新聞10月号;4-5, 2014.
  • 加藤則人.  思春期〜青年期のアトピー性皮膚炎(2)「アトピー性皮膚炎の治療」. 少年写真新聞11月号;4-5, 2014.
  • 加藤則人.  思春期〜青年期のアトピー性皮膚炎(3)「アトピー性皮膚炎の生活指導」. 少年写真新聞12月号;4-5, 2014.
  • 加藤則人. プロアクティブ療法. MB Derma 224;25-29, 2014.
  • 加藤則人. アトピー性皮膚炎診療ガイドライン2012−経過中の注意事項のポイントを中心に−. アレルギー63(10);1312-1316, 2014.
  • 加藤則人. アドヒアランスから考える外用薬の現状. —皮膚領域の外用療法を見直す—. Progress in Medicine 34;2095-2098, 2014.
  • 加藤則人. アトピー性皮膚炎の心身医学的診療スキル. 臨免疫・アレルギー科61;633-637, 2014.
  • 竹中秀也. 有棘細胞癌における医療の質を測る指標(QI)と診療のポイントについて. Visual Dermatology13(10);1131, 2014.
  • 益田浩司. 周術期の蕁麻疹・アナフィラキシー. アレルギー63(5);682-685, 2014.
  • 益田浩司. 特発性蕁麻疹のQIと診療のポイント. Visual Dermatology13(10);1169, 2014.
  • 野見山朋子、加藤則人. 脱毛をきたした患者の生活指導. MB Derma225;37-445, 2014.

Ⅲ.原著

  • Nakai N, Hagura A, Yamazato S, Katoh N. Mycosis fungoides Palmaris et plantaris successfully treated with radiotherapy: Case report and mini-review of the published work. J Dermatol 41(1); 63-67, 2014.
  • Nakai N, Ozawa A, Katoh N. Nodular primary localized cutaneous amyloidosis in a patient with pulmonary sarcoidosis. Indian J Dermatol 59(3); 307-308, 2014.
  • Nakai N, Katoh N. Maculopapular-type drug eruption caused by sitagliptin phosphate hydrate: a case report and mini-review of the published work. Allergol Int 63(3); 489-491, 2014.
  • Asai J, Harada Y, Beika M, Takenaka H, Katoh N, Takamatsu T. Photodynamic diagnosis of metastatic lymph nodes using 5-aminolevulinic acid in mouse squamous cell carcinoma. J Dermatol Sci 74(2); 171-173, 2014.(細胞分子機能病理学との共同)
  • Asai J, Ohyama M. Human papillomavirus and cutaneous squamous cell carcinoma: does ethnicity matter? Br J Dermatol 171(4); 689, 2014.
  • Tamagawa-Mineoka R, Okuzawa Y, Masuda K, Katoh N. Increased serum levels of interleukin 33 in patients with atopic dermatitis. J Am Acad Dermatol 70(5); 882-888, 2014.
  • Hagura A, Asai J, Maruyama K, Takenaka H, Kinoshita S, Katoh N. The VEGF-C/VEGFR3 signaling pathway contributes to resolving chronic skin inflammation by activating lymphatic vessel function. J Dermatol Sci 73; 135-141, 2014.(眼科学との共同)
  • Nakamura N, Tamagawa-Mineoka R, Ueta M, Kinoshita S, Katoh N. Toll-Like Receptor 3 Increases Allergic and Irritant Contact Dermatitis. J Invest Dermatol, 2014.[Epub ahead of print](眼科学との共同)
  • Daito J, Harada Y, Dai P, Yamaoka Y, Tamagawa-Mineoka R, Katoh N, Takamatsu T. Nertrophil Phagocytosis of Platelets in the Early Phase of 2,4,6-trinitro-1-chlorobenzene(TNCB)-induced Dermatitis in Mice. Acta Histochem Cytochem 47(2); 67-74, 2014.(細胞分子機能病理学との共同)
  • Hotta E, Tamagawa-Mineoka R, Katoh N. Delayed-type hypersensitivity to 6-methyl-prednisolone sodium succinate. J Dermatol 41(8); 754-755, 2014.
  • Kan S, Konishi E, Arita T, Ikemoto C, Takenaka H, Yanagisawa A, Katoh N, Asai J. Podoplanin expression in cancer-associated fibroblasts predicts attressive behavior in melanoma. J Cutan Pathol 41(7); 561-567, 2014.
  • Wada M, Horinaka M, Yamazaki T, Katoh N, Sakai T. The dual RAF/MEK inhibitor CH5126766/RO5126766 may be a potential therapy for RAS-mutated tumor cells. PLoS One 9(11); e113217, 2014.
  • Kanno S, Asai J, Nakamura N, Komori S, Iida S, Hanada K, Nomiyama T, Takenaka H, Katoh N. Myxofibrosarcoma arising from a chronic burn scar. J Dermatol [Epub ahead of print], 2014.
  • Isohisa T, Masuda K, Nakai N, Takenaka H, Katoh N. Angiolymphoid hyperplasia with eosinophilia treated successfully with imiquimod. Int J Dermatol 53(1); e43-e44, 2014.
  • Morimoto A, Asai J, Wakabayashi Y, Komori S, Hanada K, Takenaka H, Konishi E, Katoh N. Malignant melanoma with probable smooth muscle differentiation. Case Rep Dermatol 6(1); 16-9, 2014.
  • Morimoto A, Asai J, Wakabayashi Y, Tashima S, Wada M, Iida S, Komori S, Hanada K, Takenaka H, Katoh N. Lymph node metastasis of a malignant peripheral nerve sheath tumor without distant metastasis. Indian J Dermatol 59(6); 635, 2014.
  • Yokose C, Nakai N, Katoh N. Maculopapular-type drug eruption caused by Coughcode®-N combination tablets. Allergol Int 63; 489-491, 2014.
  • Ikemoto C, Tamagawa-Mineoka R, Masuda K, Iida S, Inomata N, Katoh N. Immediate-onset anaphylaxis of Bacillus subtilis-fermented soybeans (natto). J Dermatol 41(9); 857-858, 2014.
  • Kawai M, Tamagawa-Mineoka R, Hagura A, Masuda K, Katoh N. Allergic contact dermatitis due to carrots. J Dermatol 41(8); 753-754, 2014.
  • Yamazato S, Nakai N, Katoh N. A case of cutaneous squamous cell carcinoma arising in an actinic keratosis on the face in a centenarian woman successfully treated with surgery. Indian J Dermatol 59(3); 304-306, 2014.
  • Yamazato S, Nakai N, Katoh N. Multiple fungal infection in a patient on chronic low dose corticotherapy. Indian J Dermatol 59(6); 636, 2014.
  • Sawada T, Asai J, Nomiyama T, Masuda K, Takenaka H, Katoh N. Trigeminal trophic syndrome: Report of a case and review of the published work. J Dermatol 41(6); 525-528, 2014.
  • Sawada T, Nakai N, Masuda K, Katoh N. Paraneoplastic dermatomyositis associated with gallbladder carcinoma: A case report and mini review of the published work. Indian J Dermatol 59(6); 615-616, 2014.
  • Ohshita A, Nakai N, Katoh N, Konishi K. Atypical case of juvenile spring eruption with photosensitivity to a single dose of ultraviolet A irradiation. J Dermatol 41(4); 356-357, 2014.
  • Ohshita A, Nakai N, Katoh N, Konishi K. Atypical case of juvenile spring eruption with photosensitivity to a single dose of ultraviolet A irradiation. J Dermatol 41(4); 356-357, 2014.
  • Arita T, Nomiyama T, Asai J, Takenaka H, Fukuoka M, Katoh N. Unusual presentation of relapsing neutrophilic dermatosis limited to the face. J Dermatol 41(7); 661-662, 2014.
  • Matsumoto Y, Horiike S, Maekawa S, Ioshisa T, Sakamoto N, Chinen Y, Nakayama R, Kiyota M, Nagoshi H, Mizutani S, Shimura Y, Sugitani M, Kobayashi T, Nakai N, Kuroda J, Taniwaki M. Rheumatoid arthritis/methotrexate-associated primary cutaneous diffuse large B-cell lymphoma, leg type. Intern Med 53(11); 1177-1181, 2014.(血液内科との共同)
  • Chalmers JR, Schmitt J, Apfelbacher C, Dohil M, Eichenfield LF, Simpson EL, Singh J, Spuls P, Borok N, Burton T, Chamlin SL, Deckert S, DeKlotz CC, Graff LB, Hanifin JM, Hebert AA, Humphreys R, Katoh N, Kisa RM, Margolis DJ, Merhand S, Minnillo R, Mizutani H, Nankervis H, Ohya Y, Rodgers P, Schram ME, Stalder JF, Takaoka R, Svensson A, Teper A, Tom WL, von Kobyletzki L, Weisshaar E, Zelt S, Williams HC. Report from the Third Internatinal Consensus Meeting to Harmonise Core Outcome Measures for Atopic Eczema/Dermatitis Clinical Trials(HOME). Br J Dermatol 171; 1318-1325, 2014.
  • 加藤則人. アトピー性皮膚炎の心身医学的な診療スキル−コミュニケーションスキルを中心に. 臨床免疫・アレルギー科61(6);633-637, 2014.
  • 飯田沙織、竹中秀也、宮下 文、藤井ちひろ、細川洋平、真鍋俊明. Wilson病患者に生じた蛇行性穿孔性弾力線維症. 皮膚病診療36(3);227-230, 2014.
  • 金久史尚、中井章淳、加藤則人. エタネルセプトによる乾癬樣皮疹が疑われた例. 皮膚病診療36(5);449-452, 2014.
  • 森本 彩、和田 誠、田嶋佐妃、浅井 純、花田圭司、竹中秀也、加藤則人. 集学的治療により3年間再発を認めていないStageⅣのMerkel細胞癌の1例. 臨皮68(1);51-55, 2014.
  • 横瀬千美、磯久太郎、飯田沙織、浅井 純、野見山朋子、竹中秀也、加藤則人. 下腿に生じた慢性膿皮症の1例. 皮膚臨床56(7);1063-1066, 2014.
  • 大下彰史、中井章淳、服部佐代子、尾藤三佳、坂元花景、小西啓介. 背部弾性線維腫. 皮膚病診療36(6);507-510, 2014.
  • 中川有夏、田嶋佐妃、浅井 純、竹中秀也、加藤則人、山田 稔. ヒトクイバエによるハエ症の1例. 皮膚の科学13(6);415-420, 2014.

Ⅳ.学会発表

■A国際学会

■一般講演

  • Masuda K, Hotta E, Yamazaki A, Yamazato S, Ueda S, Tamagawa-Mineoka R, Katoh N. Clinical and laboratory features of chronic urticaria. Annual meeting of American Academy of Allergy, Asthma and Immunology. 2014 Feb 28-Mar 4; San Diego, USA.
  • Katoh N. Updated diagnosis and management of atopic dermatitis in Japan. Atopic Dermatitis Conference. 2014 Mar 15; Chengdu, China.
  • Katoh N. Updated diagnosis and management of atopicd dermatitis in Japan. Shanghai Atopic Dermatitis Conference. 2014 Mar 16; Shanghai, China.
  • Nomiyama T, Arakawa Y, Wada M, Kan S, Hattori J, Okuzawa Y, Katoh N. Pulse corticosteroid therapy for severe alopecia areata of the first episode. 8th World Congress for hair research. 2014 May 14-17; Jeju, Korea.
  • Arakawa Y, Nomiyama T, Katoh N. 308nm Exclmer Laser Therapy of Alopecia Universalls resistant to other treatments. 11th Meeting of the German-Japanese Sciety of Dermatology. 2014 Jun 11-14; Heidelberg, Germany.
  • Asai J, Kan S, Konishi E, Arita T, Ikemoto C, Takenaka H, Yanagisawa A, Katoh N. Podoplanin expression in cancer-associated fibroblasts predicts poor prognosis in melanoma but not in non-melanoma skin cancer. 44th Annual ESDR meeting. 2014 Sep 10-13; Copenhagen, Denmark.
  • Masuda K, Tamagawa-Mineoka R, Katoh N. Utility of laboratory testing in management of chronic urticaria. 3rd Eastern Asia Dermatology Congress. 2014 Sep 24-26; Jeju, Korea.
  • Asai J, Harada Y, Beika M, Takenaka H, Katoh N, Takamatsu T. Detection of metastatic lymph nodes using 5-aminolevulinic acid in mouse squamous cell carcinoma. 3rd Eastern Asia Dermatology Congress. 2014 Sep 24-26; Jeju, Korea.(との共同)
  • Tamagawa-Mineoka R, Mizutani H, Yasuike R, Nakamura N, Katoh N. Important role of platelets in the induction of low zone tolerance to contact alergens. The 39th Annual Meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology. 2014 Dec 12-14; Osaka, Japan.

■B国内学会 教育講演

  • 加藤則人. 診療に生かしたいアトピー性皮膚炎に関する最近の話題. 第30回日本臨床皮膚科医会総会・臨床学術大会ランチョンセミナー. 2014年4月25-26日;横浜.
  • 加藤則人. イントロダクション:アトピー性皮膚炎の治療の目標とゴール. 第113回日本皮膚科学会総会. 2014年5月30日-6月1日;京都.
  • 益田浩司. 蕁麻疹治療の達人技を学ぶ:内服療法のポイント. 第113回日本皮膚科学会総会. 2014年5月30日-6月1日;京都.
  • 川上民裕、浅井 純、浅野善英、石井貴之、岩田洋平、小寺雅也、藤本 学. 皮膚科医が行うべき難治性皮膚潰瘍の対処法とは?—創傷・熱傷ガイドラインの改訂版の変更点についても言及—「皮膚科医が行うべき膠原病・血管炎の皮膚潰瘍の対処法とは?」. 第113回日本皮膚科学会総会. 2014年5月30日-6月1日;京都.
  • 加藤則人. アトピー性皮膚炎とスキンケア. 日本美容皮膚科学会. 2014年7月13日;浦和.
  • 加藤則人. 乾癬の治療の歴史と進歩. 第29回日本乾癬学会. 2014年9月19-20日;高知.
  • 加藤則人. 皮膚科医からみた乾癬性関節炎の診断と治療. 日本脊椎関節炎学会第24回学術集会スポンサードセミナー. 2014年10月4日;大阪.
  • 加藤則人. 小児アトピー性皮膚炎の治療—親とこどもの心を動かすには. 第78回日本皮膚科学会東部支部学術大会モーニングセミナー. 2014年10月4-5日;青森.
  • 加藤則人. 小児アトピー性皮膚炎のアドヒアランスを高めるために. 第78回日本皮膚科学会東部支部学術大会. 2014年10月4-5日;青森.
  • 加藤則人. スキンケアで経皮感作を予防できるか. 第65回日本皮膚科学会中部支部学術大会ランチョンセミナー. 2014年10月25-26日;大阪.
  • 竹中秀也. 試験に出るダーモスコピー. 第65回日本皮膚科学会中部支部学術大会. 2014年10月25-26日;大阪.
  • 加藤則人. アトピー性皮膚炎の母親とのコミュニケーションスキル. 第51回小児アレルギー学会. 2014年11月8-9日;四日市.
  • 加藤則人. 皮膚アレルギーに関するいくつかのトピックス. 第44回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会ランチョンセミナー. 2014年11月21-23日;仙台.
  • 加藤則人. 皮膚アレルギーに関するトピックス. 日本皮膚科学会第442回京滋地方会. 2014年12月19-20日;京都.

■シンポジウム

  • 浅井 純. 皮膚の科学からアンチエイジングを考える「リンパ管のサイエンスとアンチエイジング」. 第14回日本抗加齢医学会総会. 2014年6月6日;大阪.
  • 峠岡理沙. 掻破により活性化するさまざまな免疫機構. 第77回日本皮膚科学会東京支部学術大会 シンポジウム7アトピー性皮膚炎—基礎研究の成果を診療に活かす—. 2014年2月16日;東京.

■一般講演

  • 澤田貴裕、野見山朋子、益田浩司、浅井 純、竹中秀也、加藤則人. 脳腫瘍摘出後に発症したtrigeminal trophic syndromeの1例. 第77回日本皮膚科学会東京支部学術大会. 2014年2月15-16日;東京.
  • 中井章淳、大下彰史、中川有夏、澤田貴裕、田嶋佐妃、奥沢康太郎、加藤則人. 皮膚がん患者に対するMohsペーストの有用性と適応:自験3例と文献的考察. 第137回日本皮膚科学会宮﨑地方会 瀬戸山充教授退任記念. 2014年3月8-9日;宮﨑.
  • 浅井 純、原田義規、米花正智、竹中秀也、加藤則人、高松哲朗. 5-アミノレブリン酸を用いた皮膚有棘細胞癌リンパ節転移の新しい診断法の開発. 第3回光皮膚科学研究会. 2014年3月8日;神戸.
  • 大下彰史、安見真希、澤田貴裕、飯田沙織、峠岡理沙、益田浩司、加藤則人. エリストリトールによるアナフィラキシーショックの1例. 日本皮膚科学会第434回京滋地方会. 2014年3月15日;京都.
  • 金丸麻衣、在田貴裕、村田眞理子、田嶋佐妃、奥沢康太郎、益田浩司、加藤則人. Mycobacterium marinum感染症の1例.  日本皮膚科学会第434回京滋地方会. 2014年3月15日;京都.
  • 山田良則、金久史尚、末廣晃宏、上中麻希、竹中秀也. 左頬部アポクリン癌の1例.  日本皮膚科学会第434回京滋地方会. 2014年3月15日;京都.
  • 益田浩司、峠岡理沙、加藤則人. 突発性蕁麻疹に対する第2世代抗ヒスタミン薬の増量あるいは変更投与の有効性の比較. 第26回日本アレルギー学会春季臨床大会. 2014年5月9-11日;京都.
  • 上田幸子、峠岡理沙、益田浩司、加藤則人. 酸化染毛剤による即時型および遅延型アレルギーを呈した1例.  第113回日本皮膚科学会総会. 2014年5月30日-6月1日;京都.
  • 中原真希子、加藤則人、佐伯秀久、水谷 仁、萩原明人、竹内 聡、中原剛士、益田浩司、峠岡理沙、中川秀己、尾本陽一、松原きみ子、古江増隆. 日本人患者におけるかゆみのVisual Analogue ScaleとVerbal Rating Scaleの比較検討.  第113回日本皮膚科学会総会. 2014年5月30日-6月1日;京都.
  • 在田貴裕、峠岡理沙、野見山朋子、益田浩司、加藤則人. イヌと寝ることを避けるよう指導し著明に改善した汎発型円形脱毛症の1例.  第113回日本皮膚科学会総会. 2014年5月30日-6月1日;京都.
  • 村田眞理子、野見山朋子、竹中秀也、加藤則人. TS-1®によるDLE型薬疹の1例. 日本皮膚科学会第435回京滋地方会. 2014年6月28日;京都. 
  • 在田貴裕、飯田沙織、野見山朋子、竹中秀也、加藤則人、瑞木 匡、秋岡親司. 小児の好酸球性多発血管炎性肉芽腫症の1例.  日本皮膚科学会第435回京滋地方会. 2014年6月28日;京都. (小児科学との共同)
  • 中川有夏、野見山朋子、加藤則人. 10年以上抜毛し続けたトリコチロマニアの2例.  日本皮膚科学会第435回京滋地方会. 2014年6月28日;京都. 
  • 菅 沙織、在田貴裕、池本千花、浅井 純、竹中秀也、加藤則人、柳澤昭夫. 悪性黒色腫におけるポドプラニンの発現と予後との相関についての検討. 第30回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会. 2014年7月4-5日;東京.
  • 片岡悠紀子、峠岡理沙、加藤則人、平野眞也. タクロリムスを外用している患者に生じた酒皶用皮膚炎の2例. 第107回近畿皮膚科集談会. 2014年7月13日;大阪.
  • 池本千花、奥沢康太郎、浅井 純、竹中秀也、加藤則人. 肛門粘液癌に伴う肛囲Paget現象の1例. 第29回日本皮膚科学会総会・学術集会. 2014年9月13-14日;和歌山.
  • 和田 誠、秋岡親司、加藤則人. インフリキシマブで治療した小児関節症性乾癬の1例. 第29回日本乾癬学会学術大会. 2014年9月19-20日;高知.
  • 田浦麻衣子、安見真希、在田貴裕、金久史尚、張 財源、浅井 純、加藤則人. トキシックショック様症候群(TSLS)とAGEPとの鑑別に苦慮したA群溶連菌による壊死性筋膜炎の1例. 第78回日本皮膚科学会東部支部学術大会. 2014年10月4-5日;青森.
  • 堀田恵理、奥沢康太郎、花田圭司、野見山朋子、竹中秀也、加藤則人. うっ滞性皮膚炎を合併したverrucous skin lesions on the feet in diabetic neuropathyの1例. 第65回日本皮膚科学会中部支部学術大会. 2014年10月25-26日;大阪.
  • 山里志穂、堀田恵理、峠岡理沙、野見山朋子、益田浩司、加藤則人. マスカラに含まれたカルナウバロウによる接触皮膚炎の1例. 第66回日本皮膚科学会西部支部学術大会. 2014年11月8-9日;高松.
  • 山崎明子、堀田恵理、峠岡理沙、益田浩司、加藤則人、森山達哉. ホエイタンパク含有スポーツドリンクによる即時型アレルギーの1例.  第44回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会. 2014年11月21-23日;仙台.
  • 中村直美、峠岡理沙、益田浩司、南山里奈、山里志穂、服部淳子、堀田恵理、加藤則人. 局所麻酔薬による即時型アレルギーが疑われた患者に関する検討. 第44回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会. 2014年11月21-23日;仙台.
  • 堀田恵理、峠岡理沙、中井章淳、益田浩司、佐々木和実、加藤則人. ワンピースに使用された染料による接触皮膚炎の1例.  第44回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会. 2014年11月21-23日;仙台.
  • 堤 美穂、峠岡理沙、益田浩司、加藤則人、嶋倉邦嘉. 経皮感作から魚アレルギーを発症したと考えられた1例.  第44回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会. 2014年11月21-23日;仙台.
  • 山本祐理子、村西浩二、益田浩司、加藤則人、嶋倉邦嘉. グミキャンディに含有されていたコラーゲンペプチドによる即時型アレルギーの1例.  第44回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会. 2014年11月21-23日;仙台.
  • 荒川幸保、野見山朋子、加藤則人. 難治性汎発性円形脱毛症における308NMエキシマランプ光線療法の有効性. 第22回毛髪科学研究会. 2014年11月29日;東京.
  • 峠岡理沙、益田浩司、上田幸子、中村直美、堀田恵理、服部淳子、南山里奈、山里志穂、山崎明子、加藤則人. 最近6年間にパッチテストを行った難治性アトピー性皮膚炎の検討. 日本皮膚科学会第438回京滋地方会. 2014年12月19-20日;京都.

Ⅴ.その他

■その他の講演

  • 峠岡理沙. バイオマーカーとしてのTARC測定の有用性について. シスメックス免疫ミニセミナー. 2014年3月8日;京都.
  • 加藤則人. アトピー性皮膚炎の外用治療・アップデート. 第12回関西皮膚疾患懇話会. 2014年4月5日;大阪.
  • 加藤則人. 慢性皮膚疾患の治療のアドヒアランス向上のために.  第113回日本皮膚科学会総会ランチョンセミナー. 2014年5月30日-6月1日;京都.
  • 和田 誠. 抗TNF製剤で治療した小児関節症性乾癬の1例. 第3回PCSG in お台場. 2014年7月11日;東京.
  • 中村直美. Toll-like Reeptor 3 Increases Allergic and Irritant Contact Dermatitis. 第1回関西若手皮膚科医の集い. 2014年11月1日;大阪.
  • 堤 美穂. ニボルマブが著効した悪性黒色腫の1例.  第1回関西若手皮膚科医の集い. 2014年11月1日;大阪.

■その他

  • Katoh N. Recommendation for the article: “ΔNp63 controls a TLR3-mediated mechanism that abundantly provides thymic stromal lymphopoietin in atopic dermatitis”. F1000Prime. http://f1000.com/prime/718549125. DOI: 10.3410/f.718549125.793499360.
  • 加藤則人. 皮膚疾患のQOL評価. MB Derma 216;219-224, 2014.
  • 加藤則人. 関節症性乾癬を見逃すな 関節症性乾癬の診断と治療. Dermatology Today 17;4-9, 2014.
  • 峠岡理沙. パッチテストの工夫と有用性. 臨皮68(5)増刊号;77, 2014.

皮膚科学教室